Press Releases

Read relevant and trending J.D. Power industry press releases.

2012年生命保険金請求対応満足度調査

CS(顧客満足度)に関する調査・コンサルティングの国際的な専門機関である株式会社J.D. パワー アジア・パシフィック(本社:東京都港区、代表取締役社長:アルバート ラパーズ、略称:J.D. パワー)は、2012年生命保険金請求対応満足度調査の結果を発表した。

今回の調査では、保険金請求をした人の約4割が保険の見直し意向があり、保険商品を契約しているが未だ保険金請求をしていない人と比べると、その契約見直し意向は1.5倍高いことが確認された。これは保険金請求をすることが保険契約見直しのきっかけになりうる可能性が高いことを示している。この見直し意向は保険金請求満足度が高いグループでは3割に低下し、低いグループでは5割に増加する。満足度が高まると見直し意向は低下するため、請求を機に起こりうる見直し意向を低減させるためには保険金請求時点での満足度向上がよりいっそう重要であると言える。

また、今回保険金請求を行った人の8割は今回請求した保険会社以外の保険会社との契約を持っている実態が明らかになっている。見直し意向は請求した会社以外の保険商品も含めたものであり、保険金請求満足度を高めることは、顧客流出を防ぐためにも重要な要素と言える。

支払期間の短縮が満足度向上に大きく寄与

Japanese

2012 U.S. Customer Service Index (CSI) Study

WESTLAKE VILLAGE, Calif.: 14 March 2012 — Vehicle owners who visit dealer facilities for service are considerably more satisfied with their experience at dealerships than with service from independent facilities, according to the J.D. Power and Associates 2012 U.S. Customer Service Index (CSI) StudySM released today.

English

2012 Gas Utility Business Customer Satisfaction Study

WESTLAKE VILLAGE, Calif.: 14 March 2012 — In a reversal from 2011, satisfaction with communications from gas utilities has improved significantly among business customers, which has contributed to a notable increase in overall satisfaction, according to the J.D. Power and Associates 2012 Gas Utility Business Customer Satisfaction StudySM released today.

English

Beyond Satisfaction: J.D. Power 2012 Customer Service Champions (Press Release)

WESTLAKE VILLAGE, Calif.: 14 March 2012 -- Since the onset of the recession, the importance of people as a driver of service excellence has increased substantially--even more than the importance of price, according to a J.D. Power cross-industry special report titled, "Beyond Satisfaction: J.D. Power 2012 Customer Service Champions--Brands That Deliver Service Excellence to Maximize Business Results."

English

2012 U.S. Member Health Plan Study

WESTLAKE VILLAGE, Calif.: 13 March 2012 — Anticipating the impact of healthcare reform, nearly four in 10 health plan members with employee-sponsored insurance say they would shop for coverage through a health insurance exchange if they had the opportunity, according to the J.D. Power and Associates 2012 U.S. Member Health Plan StudySM released today.

English

2012年生命保険契約満足度調査(募集編)

CS(顧客満足度)に関する調査・コンサルティングの国際的な専門機関である株式会社J.D. パワー アジア・パシフィック(本社:東京都港区、代表取締役社長:アルバート ラパーズ、略称:J.D. パワー)は、2012年生命保険契約満足度調査(募集編)の結果を発表した。

生命保険の営業チャネルは、保険会社の直販営業(保険会社の営業担当者)が主体であるが、本年調査結果より代理店利用者の割合が拡大していることが確認された。2011年の生命保険新契約に占める代理店利用者は29%で、前年から11ポイントと急増した。特に医療給付タイプにおける代理店利用者は38%(対前年15ポイント増)と、最も割合の大きい保険会社の営業担当者(42%)と僅差となった。

代理店利用者は他社商品から“切り替えた"割合が高く、生活保障タイプでは32%、医療給付では36%を占める。また、代理店利用者はチャネル選択理由として、“中立的な立場で顧客に合わせた提案が受けられること"を最も重視しており、営業担当者に中立的な立場で相談に乗ってもらいつつ、自分に合った商品を比較・選択するスタイルを好む顧客が今後も増加することが推察される。

Japanese

2012 U.S. Wireless Network Quality Performance Study (Volume 1)

WESTLAKE VILLAGE, Calif.: 1 March 2012 — Overall wireless network problem incidence has increased from 2011, driven primarily by issues with data services including mobile Web and email, according to the J.D. Power and Associates 2012 U.S. Wireless Network Quality Performance Study - Volume 1 released today.

English

2012 February Forecast

WESTLAKE VILLAGE, Calif.: 23 February 2012 — New-vehicle retail sales performance in February has been strong month-to-date, with the selling rate outperforming January's, according to a monthly sales forecast developed by J.D. Power and Associates Power Information Network(R) (PIN) and LMC Automotive.

English

2012 U.S. Bank Customer Switching and Acquisition Study

WESTLAKE VILLAGE, Calif.: 27 February 2012 — Consumer backlash against bank fees, coupled with poor service and unmet customer expectations, has fueled increases in defection rates among customers of large, regional and midsize banks, according to the J.D. Power and Associates 2012 U.S. Bank Customer Switching and Acquisition StudySM released today.

English

2012年日本携帯電話端末顧客満足度調査

CS(顧客満足度)に関する調査・コンサルティングの国際的な専門機関である株式会社J.D. パワー アジア・パシフィック(本社:東京都港区、代表取締役社長:アルバート ラパーズ、略称:J.D. パワー)は、2012年   

日本携帯電話端末顧客満足度調査の結果を発表した。

当調査は、全国の1年以内に携帯電話端末を新しく入手した人(16-64歳)を対象に、携帯電話端末の満足度を明らかにするものである。調査は12月上旬に実施したもので、スマートフォンの利用者3,000人、フィーチャーフォンの利用者3,000人、総計6,000人から回答を得た。

顧客満足度の測定にあたっては4ファクターを設定し、それぞれに関連する詳細項目に対する評価を基に総合満足度スコアの算出を行っている(1,000ポイント満点)。各ファクターの総合満足度への影響力は以下のとおりである。

スマートフォン

「性能」(32%)、「操作性」(29%)、「スタイル・外観」(20%)、「機能」(19%)

フィーチャーフォン

「スタイル・外観」(29%)、「性能」(28%)、「操作性」(26%)、「機能」(17%)

Japanese

ページ

Subscribe to RSS - Press Releases