Press Releases

Read relevant and trending J.D. Power industry press releases.

2012 Japan Initial Quality Study (IQS)

TOKYO: 30 August 2012 — While owners are reporting better fuel efficiency with their new vehicle, they are also experiencing a greater number of fuel efficiency-related problems than in 2011, according to the J.D. Power Asia Pacific 2012 Japan Initial Quality StudySM (IQS).

English

2012年日本自動車初期品質調査(IQS)

東京:2012年8月30日 ― 新車保有者が報告する燃費は前年から向上したが、燃費が悪すぎるとの不具合の指摘が前年から増加したことが、J.D. パワー アジア・パシフィック2012年日本自動車初期品質調査(Initial Quality Study、略称IQS)によって明らかになった。


今年で2回目の実施となる本調査は、新車購入後2~9ヶ月における車両の初期品質を測定する目的で行なっている。本調査では227の項目にわたって顧客の不具合経験を聴取しており、それらの項目は外装、走行性能、装備品/コントロール/ディスプレイ、オーディオ/エンターテインメント/ナビゲーション、シート、空調、内装、エンジン/トランスミッション、その他の9つのカテゴリーに分かれている。すべての不具合項目は車100台当たりの不具合指摘件数(Problems Per 100 vehicles = PP100)として集計され、数値が小さいほど品質が高いことを示す。


日本市場における初期車両品質の業界平均は前年から7%改善し101PP100となった。これは2012年米国自動車初期品質調査の業界平均102PP100とほぼ同水準となる。

Japanese

2012年日本サービスステーション顧客満足度調査

2012年日本サービスステーション顧客満足度調査

CS(顧客満足度)に関する調査・コンサルティングの国際的な専門機関である株式会社J.D. パワー アジア・パシフィック(本社:東京都港区、代表取締役社長:アルバート ラパーズ、略称:J.D. パワー)は、2012年日本サービスステーション顧客満足度調査の結果を発表した。

SSのブランド・サービス力の差異化が必要

サービスステーション(ガソリンスタンド)利用者が主に利用している店舗形態を見ると、セルフ利用者は年々増加しており、本年は7割を越えた。

また、サービスステーションの来店頻度については、月1回以下来店の割合はフルサービスで44%、セルフサービスは36%で、いずれも昨年より8~9ポイント増加し、来店頻度の低下が続いている。

J.D. パワー アジア パシフィックが実施している、日本自動車サービス満足度調査(新車購入店でサービスを受けた際の顧客満足度を測定)の結果によると自家用車の使用頻度は年々低下しており、このこともSS来店頻度の低下の一因であるといえよう。

Japanese

2012 U.S. Multimedia Quality and Satisfaction Study

WESTLAKE VILLAGE, Calif.: 30 August 2012 — Premium-branded audio systems as well as features like satellite radio and navigation systems drive higher satisfaction with multimedia systems among vehicle owners, according to the J.D. Power and Associates 2012 U.S. Multimedia Quality and Satisfaction StudySM released today.

English

2012 India Sales Satisfaction Index (SSI) Study

SINGAPORE: 31 AUGUST 2012 — The average number of months of income required to purchase a small car in India, 10 months, has remained unchanged during the past five years, according to the J.D. Power Asia Pacific 2012 India Sales Satisfaction Index (SSI) StudySM released today.

English

2012 Walk-Behind Lawn Mower Satisfaction Report

WESTLAKE VILLAGE, Calif.: 30 August 2012 — Customers use personal experience and recommendations when they shop for a walk-behind lawn mower, but many purchase based on price, according to the J.D. Power and Associates 2012 Walk-Behind Lawn Mower Satisfaction ReportSM released today.

English

2012 Thailand Sales Satisfaction Index (SSI) Study

BANGKOK: 30 August 2012 — At the same time that domestic demand for new vehicles are soaring and expected to exceed 1 million units in annual sales before the end of 2012, customers are paying greater attention to commitments dealers make regarding actual delivery time, according to the J.D. Power Asia Pacific 2012 Thailand Sales Satisfaction Index (SSI) StudySM released today.

English

2012年日本法人向け携帯電話・PHSサービス顧客満足度調査

CS(顧客満足度)に関する調査・コンサルティングの国際的な専門機関である株式会社J.D. パワー アジア・パシフィック(本社:東京都港区、代表取締役社長:アルバート ラパーズ、略称:J.D. パワー)は、2012年日本法人向け携帯電話・PHSサービス顧客満足度調査の結果を発表した。

当調査は、全国の従業員規模100名以上企業の各種電話サービスの管理・意思決定関与者を対象に、主に利用している法人契約の携帯電話・PHSの利用実態や顧客満足度を調べるものである。本年が第4回目となる調査は、今年6月に郵送調査を行い、2,764社から3,646件の回答を得た(1社につき最大2社の携帯電話・PHS事業者の評価を取得)。※データ通信カードは調査対象外

顧客満足度の測定にあたっては、4つのファクターを設定し評価を聴取している。それらの総合満足度に対する影響度を高い順にみると、「営業対応」(32%)、「電話機/サービス」(29%)、「コスト」(26%)、「トラブル対応」(12%)となっている。各ファクターにおける複数の詳細項目に対する顧客の評価を基に、総合的な満足度スコア(1,000点満点)を算出している。

Japanese

2012 Japan Sales Satisfaction Index (SSI) Study

TOKYO: 28 August 2012 — Customer satisfaction with the new-vehicle sales process at automotive dealerships in Japan has declined during the past year, according to the J.D. Power Asia Pacific 2012 Japan Sales Satisfaction Index (SSI) StudySM released today.

English

2012年日本自動車セールス満足度(SSI)調査

東京:2012年8月28日―乗用車を新車で購入した際の販売店の対応に関する顧客の評価が前年から低下したことが、2012年J.D. パワー アジア・パシフィック日本自動車セールス満足度(Sales Satisfaction Index、略称SSI)調査により明らかになった。本調査は今年で11回目の実施となる。

ハイブリッド/電気自動車バイヤーの3割が“実燃費”に不満◆

本年調査では車の購入理由のトップは“燃費の良さ”(48%)で、消費者の車の維持費や経済性に関する意識の高まりが確認できる。2008年調査結果では、46%が“燃費の良さ”を挙げ、回答3位であったのに対し、“メーカーの信頼性の高さ”と“車のデザインの良さ”がともに55%で回答上位であった。本年は、“メーカーの信頼性の高さ”は45%で2位、続いて“車のデザインの良さ”(41%)が続いている。

購入車の車両タイプ別に車両購入後の燃費に対する不満を比較すると、ハイブリッド/電気自動車“以外”のバイヤー(以降“non-HV/EVバイヤー”と呼称)が“期待した燃費を下回る”と回答した割合は21%であるのに対し、ハイブリッド/電気自動車バイヤーのそれは29%にのぼる。

Japanese

Pages

Subscribe to RSS - Press Releases