ソリューション

プロプライエタリー調査(個別受託調査)

顧客満足度向上の具体的な成果を上げるための課題と対策を明確化

Survey

自社の個別の問題意識や課題に基づき、業界ベンチマーク調査や自社顧客調査の結果を総合的に分析し、より具体的な顧客満足度改善に向けた課題や対策を明確にすることを目的としています。 更に、調査結果と調査以外の自社内情報(例:改善策の導入時期、自社顧客に関する商品・サービスの購入利用履歴、顧客対応実態の記録など)を結びつけることにより、満足度改善だけでなく、よりビジネスに直結したアクションを明確化することも可能となります。また、J.D. パワーが業界ベンチマーク調査を実施していない業界での個別受託型の顧客満足度調査も実施できます。

Device Data 4 400

ソリューション概要

プライエタリー調査で明らかになること
・チャネルごとの実際の満足度
・チャネルごとの実際の顧客対応状況
・チャネルごとの改善のために解決すべきより具体的な課題

woman shopping

顧客セグメントと購買チャネル

  • 購入商品・利用サービス別
  • 顧客属性別(性別、年齢、地域、経験)
  • 利用額・購入額と利用頻度・購入頻度
  • トライアル利用・購入 又は リピート利用・購入別
  • 利用購買チャネル別
woman shopping 2

顧客満足度とビジネスデータ

  • 総合満足度
  • 領域別満足度
  • 満足度の詳細
customer service agent

顧客対応の実態

  • 対応時の説明実態(内容、方法)
  • 商品やサービス、対応についての理解状況
  • 顧客タッチポイントの場所
  • 顧客対応にかかった時間の長さ
  • 問題発生時の対処方法
  • 不具合や問題の発生状況