J.D. パワーについて

消費者インサイトのデータ分析におけるグローバルリーダー

trophy hero resized

J.D. パワーは、世界中のクライアント企業に“顧客の声”を届け、製品やサービス品質、そしてビジネス成果の向上に貢献するリーディング・カンパニーです。

J.D. パワーの実績

J.D. パワーは50 年以上にわたり、世界中の数多くの業界で“顧客の声”を収集し分析してきました。独自のインデックスモデルを使用し、顧客満足や顧客の経験の構造を測定、指数化することによって、ビジネスに役立つ具体的な情報・インサイトを提供し続けています。

会社沿革

1968 年に、J.D. "Dave" Power 三世は、自宅のキッチンテーブルでJ.D. パワーを立ち上げました。設立当時は、自動車業界のみを対象としていましたが、クライアント企業の製品やサービスの品質向上に役立つインサイトを提供することで、徐々に業務を拡大し、現在では、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋全域にオフィスを構え、世界中の消費者の日々の生活と様々な産業に影響を与えています。

以下にJ.D. パワーの主な出来事を年代順にご紹介します。

1969

J.D. Power and Associates 設立。最初のクライアント企業にトヨタ自動車を迎え、自動車業界でのビジネスを開始。

1970’s

ウォール・ストリート・ジャーナル紙が、J.D. パワーの自主企画調査から得られたデータに基づき、ある自動車メーカーのエンジンの問題を報じる。それによりJ.D. パワーは、“顧客の声” に関するデータに関して全米で名声を得る。

ディーラー満足度調査(DAS)立ち上げ。DAS により、リテールとディストリビューターの課題についての高い信頼性を得て、自動車ディーラーとの強い信頼関係を構築。

1980's

米国自動車顧客満足度指数(CSI)調査を立ち上げ。本調査は、事業拡大の基盤となった。

スバルが第 18 回スーパーボウルの最中にJ.D. パワーの調査でのランキングを初めてコマーシャルで使用。それ以来、年間 200,000回のテレビ・コマーシャルと 20 億枚以上の印刷広告でJ.D. パワーのアワードが使用される。

J.D. パワーが、初めて自動車シンジケート調査のアワードを発表。アキュラが、1989 年度自動車サービス満足度(CSI)調査で最上位を受賞。

1990's

初の海外オフィスとして日本オフィスを設立し、アジアパシフィック地域でのビジネスを展開する。

米国全土のディーラーからの日次ベースの新車取引データの収集と分析を行う独自の全国的なデータ収集システム "パワー・インフォメーション・ネットワーク(PIN)" を立ち上げ。

トラベル部門を設立。以来10年間で様々な業種へベンチマーク調査やアドバイザリーサービスを拡大(テレコム、ホーム、ヘルスケア、金融サービス等)

2000's

J.D. パワーが、オーストラリアで合弁事業の設立を発表。中国で初のシンジケート調査を立ち上げ。 ドイツのミュンヘンにオフィスを開き、ヨーロッパでの事業拡大を行う。

J.D. パワーが、アジアの自動車市場を専門とする Automotive Resources Asia を買収し、アジアでのプレゼンスを拡大。 メキシコオフィスを開設。

NADA Used Car Guide、NADAguides.comを買収

2010's

Dave HabigerがCEO兼社長に就任。J.D. Power 創立50周年をむかえる。

Thoma Bravoによる買収

AutoData Solutionsを吸収合併。革新的で補完的な自動車データ企業2社は、クライアントと消費者への価値を強化するという共通のビジョンを持っています。

Trilogy Automotive を買収

データを超えて - インサイトの提供とビジネス成果の改善

顧客の経験を知ることは重要ですが、単にそれを測定するだけでは不十分です。当社のアナリストは、顧客のロイヤルティと強い信頼関係を向上するためのビジネス成果の改善に注力しています。データを分析し、ビジネスに役立つインサイト、ベストプラクティス、アクションプランをクライアント企業に提供しています。

J.D. パワーは、2016年にAMA Gold Report Top 50において 、アメリカの市場調査会社50社の中で 10 位にランクインしています。このランキングは、AMA の Marketing News Magazine で発表されています。