このサイトはCookieを使用しています。サイトを引き続きご覧になる場合はCookieの使用を許可して下さい。詳しくは“Cookie ポリシー”をご覧下さい.
X

米国における自動車耐久品質は引き続き全般的に向上

シェア:

トヨタ自動車が7つのセグメントで、ゼネラル・モーターズが4つのセグメントでトップ

米国カリフォルニア州ウェストレイク・ビレッジ: 2013年2月13日-購入後3年経過した自動車の長期的な耐久性は年々向上していることが、 J.D. パワー・アンド・アソシエイツ2013年米国自動車耐久品質調査(Vehicle Dependability Study、略称VDS)によって明らかになった。

今年で24回目となる本調査は、新車購入後3年が経過した時点で直近1年間に経験した車の不具合について調べるものである。VDSスコアは100台当たりの不具合指摘件数によって算出され、スコアが低いほど耐久品質が高いと判断する(単位はPP100: Problem per 100 vehicles)。

2010年式車が新型車またはモデルチェンジ車の場合の2013年における自動車耐久品質の不具合指摘件数は、平均で116PP100であり、2009年式車からモデルチェンジを行っていない従来モデルでは133PP100だった。新型車またはモデルチェンジ車の不具合指摘件数が従来モデルより少なかったのは、2009年の当調査の設計変更以来、今回が初めてである。尚、内装や外装などのマイナーチェンジを行った2010年式車の不具合指摘件数は平均で111PP100だった。

<主な調査結果>

  • 自動車の耐久品質が前年から5パーセント向上
  • 米国ブランドと輸入ブランドの耐久品質の差が10PP100まで縮小
  • トヨタ自動車が7つのセグメントで、ゼネラル・モーターズが4つのセグメントでトップ

 J.D. パワー・アンド・アソシエイツのグローバル・オートモーティブのバイス・プレジデントであるデヴィッド・サージェントは「新型車やモデルチェンジ車は従来モデルよりも不具合が多いと考えられているが、2013年VDSのデータはそのようなことはないと示している。自動車の基本的な耐久性が年々急速に向上しているため、新型車やモデルチェンジ車にありがちな初期不良をもカバーできる」と述べている。

全般的に耐久品質が向上

2013年の米国の自動車耐久品質の不具合指摘件数は平均で126PP100だった。これは、1989年の当調査開始以来、最も少ない不具合件数であり、2012年の平均132PP100から5パーセント向上している。当調査の対象となった31ブランド中21ブランドの耐久品質が2012年から向上した。米国ブランドの向上率が輸入ブランドに比べて僅かに大きく、不具合指摘件数の差を2012年の13PP100、2011年の18PP100から今年は10PP100に縮めた。米国ブランドの不具合指摘件数は平均で133PP100、輸入ブランドでは123PP100だった。

「長期的な耐久性の継続的な向上は、消費者が、現在の車を所有し続けるにしろ、中古の乗用車やライト・トラック、クロスオーバー、SUVを購入するにしろ、3年経過した車をもっと信用してよいということを意味する。これは、中古車市場には、リース契約の切れた耐久性の高い車両が多くあることを示唆している。また、メーカーの保証期間が切れた車を所有している所有者は、車の耐久性が次第に高くなっていることに安心できる。とは言うものの、今日売られている新車は、3年後にはさらに信頼性が高まることは確かである」(サージェント)

高いロイヤルティを生む耐久品質

調査では、不具合の経験件数が低い所有者ほど、ブランドに対するロイヤルティが高いことが明らかになった。前年のVDS結果とJ.D. パワー・アンド・アソシエイツのPower Information Network®(PIN)からの自動車の下取りに関する実データを合わせると、車両に不具合を経験しなかった所有者の54パーセントが、次に新車を購入する時に同じブランドを選ぶことが分かった。3件以上の不具合を経験すると、ブランドに対するロイヤルティの割合は平均で41パーセントに減少する。

プレミアムモデルの所有者は、ノンプレミアムモデルの所有者に比べ平均してロイヤルティが高く、不具合の経験件数に影響を受けやすい。例えば、不具合を経験しなかったと回答しているプレミアムモデルの所有者の55パーセントは、同じブランドに引き続きロイヤルティを示す一方で、不具合を経験しなかったと回答しているノンプレミアムモデルの所有者ではこの割合が53パーセントである。不具合を経験するとロイヤルティは直ちに低下する。3件以上の不具合を経験したプレミアムモデルの所有者では39パーセント、ノンプレミアムモデルの所有者では41パーセントまでロイヤルティが低下する。

「同じブランドの車を再購入する意向があるかどうかを聞くことも一つの方法だが、実際に次に車を購入する時に何が起きるのかを知ることの方が影響が大きい。当社の消費者調査と自動車の下取りに関するデータを結びつけることにより、耐久品質とロイヤルティの相関関係がはっきりと見えてくる」(サージェント)

2013年ブランド別・セグメント別ランキング

ブランド別ランキングでは、2年連続レクサスが第1位となった。レクサス RXは、指摘された不具合件数が業界全体で最も少なく、57PP100だった。クロスオーバーまたはSUVが他セグメントを凌いでトップとなったのはVDSを開始して以来、今年が初めてとなる。ブランド別の第2位はポルシェ、第3位はリンカーン、第4位はトヨタ、第5位はメルセデス・ベンツだった。前年から不具合件数が最も改善したのはクライスラー・グループのラムで、52PP100の改善が見られた。

セグメント別モデルランキングでは、引き続きトヨタが長期的な耐久性で高い評価を得ており、今回の調査で最多の7つのセグメントでアワードを受賞した。トップに入ったモデルはレクサス ES 350、レクサス RX、サイオン xB、サイオン xD、トヨタ プリウス、トヨタ シエナ、トヨタ RAV4だった。

ゼネラル・モーターズは4つのセグメントでアワードを受賞した。トップに入ったモデルはビュ イック ルセーン、シボレー カマロ、シボレー タホ、GMC シエラ HDだった。アメリカン・ホンダ・モーターは2つのセグメントでアワードを受賞し、トップに入ったモデルはアキュラ RDX、ホンダ クロスツアーだった。他には、アウディ A6、フォード レンジャー、ヒュンダイ ソナタ、マツダ MX-5 ミアータ、日産 Zがそれぞれの該当セグメントで第1位だった。

J.D. パワー・アンド・アソシエイツは、車両の耐久品質に関して、消費者に次のようなアドバイスを提供している。

 新型車やモデルチェンジ車は、販売されて1年以上経過しているモデルよりも耐久品質が劣っているという認識は正しくない。市場に出たばかりの新車やモデルチェンジしたばかりのモデルが必ずしも信頼性に欠けるとは言えない。実際に、今年のVDSでは、新型車とモデルチェンジ車の耐久性は調査開始以来最も高い結果となった。

 3年目を迎える車両の耐久性は調査開始以来最も高い記録を示している。新車を購入する余裕がない、あるいは単純に新車を考えていない場合には、認定中古車(CPO)の購入に自信を 持ってもよい。CPO車の購入いかんにかかわらず、検討中のモデルの品質、魅力度、耐久品質の評価はjdpower.comで確認することを勧める。

 米国ブランドと輸入ブランドの両方の耐久品質が向上しており、この両者間の差が縮小している。消費者は、車両の原産国のみで耐久性を捉えず、市場の現状に沿った決断をするためにさまざまな情報を調べた方がよい。

自動車耐久品質調査の結果は、世界中の自動車メーカーにおいて、再販価格や顧客ロイヤルティにつながる車両デザインや商品力向上のための有用な情報として、また消費者の新車および中古車購入時の参考情報としても広く活用されている。

2013年自動車初期品質は、2010年式車を新車から乗っている乗用車およびライト・トラックのユーザーを対象に、2012年10月~12月にかけて調査を実施し、37,000人以上から回答を得た。

車両耐久品質音調査結果の詳細、および車両モデルの写真や仕様、ブランドやセグメント別耐久品質評価はhttp://www.jdpower.com/dependability.htmに掲載している。

*J.D. パワーが結果を発表する調査はすべてJ.D. パワーが第三者機関として自主企画により実施したものです。

株式会社J.D. パワー アジア・パシフィックについて

当社は米国J.D. パワー・アンド・アソシエイツの日本を含むアジア地域でのビジネスの拠点として1990 年に設立された。自動車業界を始め通信、IT、金融、保険、トラベルなど様々な業界において顧客満足に関する調査やコンサルティングを実施している。尚、J.D. パワーではシンガポール、北京、上海、バンコクに拠点をもち、日本、オーストラリア、中国、インド、インドネシア、マレーシア、フィリピン、台湾、タイ、ベトナムで調査を実施している。会社概要や提供サービスなどの詳細は当社ウェブサイトhttp://japan.jdpower.comまで

J.D. パワー・アンド・アソシエイツについて

ザ・マグロウヒル・カンパニーズの一部門であるJ.D. パワー・アンド・アソシエイツ(本社:米国カリフォルニア州ウェストレイク・ビレッジ)は、パフォーマンス改善、ソーシャル・メディア、顧客満足に関するインサイトとソリューションを提供している国際的なマーケティング情報サービス企業である。数百万人の消費者からの回答をもとに品質や顧客満足度に関する調査を毎年行なっている。

ザ・マグロウヒル・カンパニーズについて

金融情報並びに教育事業を行っているザ・マグロウヒル・カンパニーズ(NYSE: MHP)は2012年11月にマグロウヒル・エデュケーション事業を投資ファンドであるアポロ・グルーバル・マネジメントに売却する契約を行った。2013年初めの売却手続き完了後に、社名を「マグロウヒル・フィナンシャル」に変更し(株主の承認を条件とする)、国際的な金融並びに商品市場に対するベンチマーク、情報・分析サービスを提供する事業を行う。マグロウヒル・フィナンシャルの主なブランドはスタンダード&プアーズ、S&P Capital IQ、S&Pダウ・ジョーンズ・インデックス、プラッツ、クリシル、J.D. パワー・アンド・アソシエイツ、マグロウヒル・コンストラクションおよびアヴィエーション・ウィークである。世界30カ国に約17,000人の従業員を有する。詳細はウェブサイトwww.mcgraw-hill.comまで。

Media Contacts